2018年11月28日水曜日

2018年11月28日(水)

手紙を読んでくれるあなたへ

私には茨城県つくば市に4年生の男の子と年長組の女の子の孫がおり、毎年11月の連休には家族で遊びに来て、サツマイモを掘り、焼きイモづくりをしていましたが、今年は用事ができて来られないので、今日は一人でイモ掘りをしました。
畑には里イモ、ヤーコン、大根も赤・白・青等5種類、大・小のカブ、ホウレン草、キャベツ、白菜等がそろそろ収穫できる様になっており、春用のエンドウ、ソラ豆、玉ネギ、ニンニクも植えました。
私の集落には8世帯ありましたが、大震災で高台にある我家だけが残り、今は妻と二人で住んでいますので、野菜の多くは友達にやり、漁業をしている人達からは魚や海苔、カキ等をいただいたりで半自給自足的生活です。
果物も桃やリンゴ、すもも、プルーン、ブルーベリーやブラックベリー、今はユズが色づき、甘柿も食べられる様になったのですが、多くはカラスやハクビシンに取られてしまいます。
「まあ、しかたないか」ですね。
明日からも、また草刈り、草取りです。でも楽しい毎日を過ごしています。

【筆名:いなかっぺ大将 年齢:68歳 都道府県:宮城】

0 件のコメント:

コメントを投稿